CRETの研究領域

CRETとは?

教育・テストの本質を知り未来を創造する。

 21世紀は高度な知識社会であると言われています。科学技術が発達し、ますます国際化、情報化していく社会では、求められる能力も、より高度化・多様化していきます。OECDは、1997年から6年間にわたるDeSeCo(*1)プロジェクトを通して、これからの社会に必要な主要能力であるキーコンピテンシーを定義しました。このキーコンピテンシーは、「社会に参画するために必要な手段を相互作用的に活用する能力」、「多様な社会グループにおける人間関係形成能力」、「自律的に行動する能力」の3つの能力で構成され、その枠組みの中心に、個人が深く考え、行動することの必要性を位置づけています。このキーコンピテンシーを世界共通指標で測定するため、OECDは2000年から3年ごとに、15歳を対象とした国際学習到達度調査PISA(*2)を実施しています。
 このような能力測定は、各教科の知識・理解を問う伝統的な測定方法とは異なり、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシー、問題解決能力、ICTリテラシー(*3)、金融リテラシーというような、これからの社会に必要な能力を問うため、新たな測定方法の開発が必要となります。社会の変化にともない、今後も更に様々な能力の測定が必要になることから、OECD以外でも、諸外国の研究機関やコンソーシアムなどによる研究開発が進められていますが、残念ながら日本での研究開発は、十分に進んでいるとは言えません。
 教育テスト研究センター(CRET)は、こうした状況を踏まえ海外の研究機関と交流しながら、日本・アジアの特長にも配慮した新しい教育領域のカリキュラム・テストの研究開発を目指しています。そのために「教育テストの評価・解析研究部門」、「教育テストの問題開発研究部門」、「教育テストの基盤設計研究部門」の3部門を設置し、各領域の調査研究やテストの研究開発、テストの基盤技術の研究開発を進めていきます。3部門が連携して、日本、そして世界の教育力向上に寄与していきたいと考えています。

(*1) Definition and Selection of Competencies
(*2) Programme for International Student Assessment
(*3) Information Communication Technology

CRETには、3つの研究領域があります。

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら