CRETのコラム/レポート Activities

CRETから、最新の教育・テストに関する世界の動向などをお届けします。

CRETが協力した平成29年度文部科学省委託事業『新時代の教育のための国際協働プログラム』の報告書を公開しました

特定非営利活動法人教育テスト研究センター 研究員 宮 和樹

 

福島大学が受託し、CRETが実施協力をした「平成29年度文部科学省委託事業『新時代の教育のための国際協働プログラム』~グローバル・コンピテンシー/グローバル・シチズンシップの育成方法の比較研究~」の報告書が完成しましたので、公開いたします。


本事業は、2016年に日本で行われたG7教育大臣会合で発表された「倉敷宣言」を踏まえ、福島大学が主体となり、日本・アメリカ・カナダの3か国の比較分析・情報交換を通じて、
1.高校現場で育成できるグローバルコンピテンシー/シチズンシップとは何か
2.グローバルコンピテンシー/シチズンシップの効果的な育成方法とは何か
を明らかにし、日本の高校現場で実践可能な教育方法を提言することを目的として実施されました。


CRETは本事業に協力し、調査研究や海外教員派遣事業、報告書執筆の一部を担当しました。
詳しくは以下の報告書をご覧ください。


平成29年度 文部科学省委託事業「新時代の教育のための国際協働プログラム」グローバル・コンピテンシー/グローバル・シチズンシップの育成方法の比較研究 成果報告書平成29年度 文部科学省委託事業
「新時代の教育のための国際協働プログラム」
~グローバル・コンピテンシー/グローバル・シチズンシップの育成方法の比較研究~
成果報告書
pdf PDF 3,925KB










宮 和樹 -Kazuki Miya-

CRET研究員

趣味:芸術鑑賞(特に現代アート)、映画鑑賞
研究テーマ:カリキュラムコード化、PBLなど

コラム/レポート

Reasearch label
2016-04-07

CRET/BERDシンポジウム2016

新井 健一

<< | 1 | 2 | 3 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら