CRETの研究発表論文 Dissertation

CRETから、最新の教育・テストに関する研究発表論文をお届けします。

ゲーム学会「ゲームと教育」研究部会第11回研究会 発表報告
「モンスターペアレントに対応する教員を心理面で支援するゲームの提案」

 2018年3月1日に香川大学林町キャンパスで開催されたゲーム学会「ゲームと教育」研究部会第11回研究会に参加し、「モンスターペアレントに対応する教員を心理面で支援するゲームの提案」の発表を行いました。

 本研究では、モンスターペアレントに悩む教員を励ます方法を学ぶことを目的としたゲーム「本人は意外に」を開発した、というものです。ペープサートとボード、意思表示コマなどを用いたゲームです。

「本人は意外に」のルールは以下です。
(1) ゲームはn人 (5≦n≦10) ずつ班になり行う。
(2) 最初に「教師役」「モンスターペアレント役」を1人ずつ決める。
(3) 「モンスターペアレント役」はクレームカードを1枚引き,そのクレームを即興で演じる。
(4) モンスターペアレント対応に疲れた教師役は,落ち込んだ心理を即興で言う。
(5) 卓上に表向きに撒かれた「励ましカード」から,教師役以外(モンスターペアレント役も含む)のプレイヤーは「同僚役」となり,教師役の人がモンスターペアレントに対応し,落ち込んでいると想定し,自分の信じる最高の「励ます言葉」を1枚,選ぶ。
(6) 同僚役が選んだ「励ましカード」を集めて「教師役」に渡す。
(7) 教師役は渡されたカードからランダムに1枚を示し,もし自分が本当に落ち込んでいたときにその言葉をかけられたら「励まされる(白)」か「落ち込む(黒)」か判定する。また各プレイヤーも,教師役は励まされる(白)か落ち込む(黒)か推定する。
(8) 教師役も同僚役も,オセロのようなコマを用いて,自分の判断をいっせいに示す。
(9) 「教師役が 励まされる/落ち込む と判断」「同僚役の半数(以上)が 良さそう/ダメそう と判断」という,2軸4象限のボード(図5)に札を配置する。
(10) カードは,教師役が「励まされた」と判断したものほど上のほうに配置する。また教師役はその理由を説明する。

質疑応答は、非常に活発に行われました。

「授業中に行うことを想定しているようだが、学生のゲームの取り組み方をどう評価するのか」
「カード枚数はいくつあるのか、どのようなクレーム内容や励ましの言葉を決めたのか」
など、参考になる意見をたくさんいただきました。

今後も、さらにいくつか、モンペ対応の学習に役立つゲームを開発し、実験で検証する予定です。
本研究は、CRETのご協力によって、非常に研究が進みました。この場をお借りして御礼申し上げます。


pdf 「モンスターペアレントに対応する教員を心理面で支援するゲームの提案」 (竹内 俊彦).pdf

竹内 俊彦 -Toshihiko Takeuchi-

CRET連携研究員、東京福祉大 教育学部 准教授

趣味: マンガ、読書、クイズ作成

研究テーマ: マルチメディアを利用したテストや教材の開発

研究発表論文

2018-07-19

教育テスト研究センター年報 第3号 2018年7月

相川 充

赤堀 侃司

加藤 由樹

加藤 尚吾

竹内 俊彦

稲垣(藤井) 勉

澤海 崇文

星 千枝

北澤 武

若山 昇

宇宿 公紀

安西 弥生

外山 美樹

小林 輝美

湯 立

長峯 聖人

三和 秀平

永田 衣代

小田 理代

後藤 義雄

Reasearch label
2018-03-02

19thAnnual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology 発表報告

外山 美樹

湯 立

長峯 聖人

三和 秀平

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら