CRETの研究発表論文 Dissertation

CRETから、最新の教育・テストに関する研究発表論文をお届けします。

日本教育心理学会第61回総会 発表報告
「高校生のソーシャルスキルをイラストで測る新たなアプローチ」

2019年9月14日から16日までの3日間は,日本大学にて開催された日本教育心理学会第61回総会に参加し,澤海班での研究成果を発表してきました。私は,CRETの研究成果について学会発表するのは,今回が初めてで,とても楽しみにしていました。

 

近年,教育心理学に関する研究では,「非認知能力」という概念(社会情動的スキル,社会情緒的コンピテンスとも呼ばれている)が注目を浴びています。OECDは,「社会情動的スキル」と呼称し,その概念について,多くの研究者が国際的に研究し始めています。

 

日本教育心理学会では,学校現場における「非認知能力」に関するシンポジウムやポスター発表が多く見受けられました。非認知能力に関しては,概念的な整理が必要であることと,社会的ニーズが高まっているので,学術的かつ実証的な研究を行う必要性などが指摘されていました。

 

今回の日本教育心理学会では,澤海班が開発している,高校生のソーシャルスキルをイラストで測る「Illustration-Based Social Skills Test」(IBSST)に関する研究成果の一部を発表してきました。IBSSTは,高校生が経験しうる社会的状況を3つのイラストで表現し,回答者にはその状況にいると想定してもらい,どのようなスキルを発揮するのかを測定するテストです。今回の日本教育心理学会で発表した研究成果は,ソーシャルスキルのうち,関係開始スキルと情動調整スキルの妥当性は確認されたものの,その他のスキル(対人葛藤解決スキルなど)の妥当性は確認できなかったという結果でした。

 

発表には,多くの研究者に来ていただきまして,有益かつ貴重なご質問,ご助言をいただくことができました。例えば,「高校生だけとは言わず,小学生や中学生,または大学生にも使えるようにしてもらいたい」,「イラストで測るという発想が面白い」という感想をいただいたり,「イラストやストーリーをどのように作ったのか」「スキルの得点化をどうするのか」というご質問をいただいたりしました。また,社会的望ましさ(回答者が社会にとって望ましい人物であるかのように回答する傾向)の影響をできる限り取り除けるように工夫することや,項目反応理論による再分析を行うことを勧められました。ベネッセ教育総合研究所の方もお越し下さり,統計学的分析に関するご助言をいただき,今後も情報交換をしたいというご連絡をいただきました。

 

今年度の教育心理学会は,実りの多い学会だったので参加して良かったと思いました。

 

(CRET連携研究員 酒井 智弘)


酒井 智弘 -Tomohiro Sakai-

CRET連携研究員 / 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻 博士後期課程

趣味・特技:旅行、読書

研究テーマ:ソーシャルスキルの測定法や実践法に関心があります。現在は、感謝表出スキルについて研究しています。

研究発表論文

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら