CRETの研究発表論文 Dissertation

CRETから、最新の教育・テストに関する研究発表論文をお届けします。

日本心理学会第77回大会 発表報告
~顕在的・潜在的シャイネスが自己呈示行動に及ぼす効果―自己紹介場面を例として―~

 2013年9月19日から21日にかけて北海道札幌市の札幌コンベンションセンター・札幌産業振興センター (主催:北海道医療大学) にて開催された日本心理学会第77回大会に、連携研究員の澤海研究員と参加し、2件の発表を行いました。

 

 北海道では7月にもグループ・ダイナミックス学会が行われましたので、私は二か月のうちに二度、学会で訪れることになりました。7月に比べ、だいぶ朝夕が涼しくなっており、街を歩く人たちも上着を羽織っていたり、ストールを巻いていたりなど、秋の訪れを実感しました。

 会場となった札幌コンベンションセンターと産業振興センターは、徒歩で3分ほどの距離があり、ワークショップや講演などは前者で、ポスターセッションは後者で行われていました。各セッションの合間が10分しかなく、場所の移動に多少の不便は感じましたが、それだけ発表件数が多く、盛会であったことの傍証と理解しました。スタッフの方々の対応も丁寧で、問い合わせや確認にもすぐ応じてくださいました。今年は懇親会がスキー場で開催され、最後には花火も上がるなど、例年とは違った楽しさがありました。毎回、学会を通して少しずつネットワークが広がっていくことに喜びを感じています。

 

 今回、私は澤海研究員・相川理事と連名で「顕在的・潜在的シャイネスが自己呈示行動に及ぼす効果―自己紹介場面を例として―」というタイトルでポスター発表を行いました。私たちが数年前から継続して研究を続けている「IAT (Implicit Association Test) を用いた潜在的シャイネスの測定 (たとえば相川・藤井, 2011; 藤井・相川, 2013; Fujii, Sawaumi, & Aikawa, 2013など)」ですが、今回は初の試みとして、実際の行動指標を収集し、分析対象としました。実験参加者に「見知らぬ人が100人ほどいる場面を想像し、1分間ほどの自己紹介をするとしたら、どのような内容を話しますか?」と教示を行い、実際に自己紹介を考え、入力してもらうという実験を行いました。ただし、Webベースの実験でしたので、実際に自己紹介をしてもらうのではなく、自己紹介文を入力してもらうというものでした。今回はこの自己紹介の準備 (内容を考える) に要した時間と、実際に入力された文字数を対象に、潜在的・顕在的シャイネスがどのような影響を及ぼすかを分析しました。結果は、顕在的なシャイネスが高いほど、自己紹介の準備時間が短いというものでした。この結果は、「自身のシャイネスが高いと認知している人ほど、不安や緊張を経験しうる自己紹介場面を速やかに終わらせたいと考え、準備時間が短くなったのではないか」と考察しましたが、分析対象者数の少なさ (N = 41) や、代替説明の可能性も存在するなどの課題があり、解釈は丁寧に行うべきと考えます。また、潜在的シャイネスの主効果や交互作用 (潜在的シャイネスの高さによって、準備時間や文字数が異なるか否か、また、顕在的シャイネスと潜在的シャイネスの組み合わせによる影響がみられるか否か) は検出されず、少なくとも自己紹介場面における準備時間や文字数に関しては、潜在的シャイネスの影響はみられないという結果でした。

 

 ただし、上述のとおり参加者数が少なかったことや、仮想場面を用いた実験であったという制限がありますので、まだ検討や追加の分析、実験計画の改善の余地は残されています。また、参加者が実際に入力した内容 (頻出単語や自己呈示の深さ) などについては、今回は発表に含められませんでしたので、今後の学会で公表していきます。

 

 私の発表は最終日の最後のセッションであったにも関わらず、多くの方にお越しいただき、議論を行うことができました。収集した指標や結果・考察についての質問・議論の他に、IATそのものに対する質問や意見も数多くいただき、IATが継続して注目を集めているという感想を持ちました。潜在的指標を用いた研究や、無意識 (非意識) に関わる研究は近年のトレンドでもありますので、機会やタイミングが合えば、私たちが企画してシンポジウムやワークショップを開いてもよいかと感じました。来年度以降の学会で検討していこうと思います。

 

 日本心理学会は私が初めて入会した学会で、すでに入会して7年になります。毎回、魅力的なシンポジウムやワークショップ、ポスター発表、セミナーなど、あれもこれも見たいという贅沢な悩みがありますが、途中で息切れしてしまい、全てを見ることはなかなか叶いません。新しいことを知る喜びを多く得るためにも、学会前、学会中の体調管理は大事だと痛感します。本年度もまだ参加・発表する学会が多く残っていますので、この点を肝に銘じておこうと思いました。

 

レポート中の文献

相川充・藤井勉 (2011). 潜在連合テスト(IAT)を用いた潜在的シャイネス測定の試み 心理学研究, 82, 41-48.

藤井勉・相川充 (印刷中). シャイネスの二重分離モデルの検証―IATを用いて― 心理学研究, 84, xx-xx.

Fujii, T., Sawaumi, T., & Aikawa, A. (2013). Test-Retest Reliability and Criterion-Related Validity of the Implicit Association Test for Measuring Shyness. IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E96, 1768-1774.

 

~顕在的・潜在的シャイネスが自己呈示行動に及ぼす効果―自己紹介場面を例として―~

(藤井 勉・澤海 崇文・相川 充)

 

(CRET連携研究員 藤井 勉)


稲垣(藤井) 勉 -Tsutomu Inagaki (Fujii)-

CRET連携研究員 鹿児島大学 鹿児島大学学術研究院法文教育学域教育学系 講師

2012年から2016年まで韓国で教育にあたっていました。日本に戻ってからは、車であちこち出かけるのが趣味になりました。

研究テーマ:人の態度や特性(パーソナリティ)を、潜在的測定法などを使って多角的にとらえる研究を続けています。http://pyfpy037.wix.com/tsut0muf

研究発表論文

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら