CRETの研究発表論文 Dissertation

CRETから、最新の教育・テストに関する研究発表論文をお届けします。

日本心理学会第79回大会 発表報告
―学業領域における制御焦点尺度の作成―

2015年9月22日(火)から24日(木)にかけて、愛知県名古屋市の名古屋国際会議場にて開催された日本心理学会第79回大会に参加し、発表を行いました。9月の下旬ということで暑さもすっかり影を潜め、涼しげで過ごしやすい気候での大会となりました。

 

私個人は、日本心理学会の大会に参加するのが初めてだったのですが、会場にいる人々の多さに圧倒されました。日本において心理学を生業とする方々がこんなにも多いのか、といった驚嘆をただただ感じるばかりでした。また、人のみならず会場である名古屋国際会議場はその名に違わぬ立派な施設でありまして、そのような場に自分が居合わせているという事実がなんとも信じがたいものに思われました。名古屋国際会議場は内部が広大な上に会場も散在しておりまして、参加人数の多さも相まって運営の大変さがうかがえましたが、スタッフの方々の対応がとても丁寧だったこと、さらにこれといった大きなトラブルもなく大会が終了したことに関しては、敬服の意を示すばかりです。

 

さて今回、私は外山研究員・三和研究員・湯研究員・相川理事と連名で「学業領域における制御焦点尺度の作成」というタイトルでポスター発表を行いました。今回は研究責任者として、外山研究員が主に発表を行いましたが私も連盟発表者として同伴いたしました。先日のパーソナリティ心理学会に関する報告書でもお示しした通り、相川研外山班では、「コンピュータ画面上での問題解決を動機づける方法について」を大きな研究テーマとして掲げており、それにあたり現在は制御焦点の研究を行っています。それは、制御焦点に関する研究を進めることにより、学習者に合わせた教授法を提示できる可能性が得られるからです。

 

前回は制御焦点理論および制御適合理論を援用した実験研究を行いましたが、本研究では学業領域における制御焦点に着目した調査研究を行いました。制御焦点理論によれば、人間のモチベーションには個人差が存在するとされています。現在、制御焦点理論に従ってモチベーションの個人差を測る尺度はいくつか存在しておりますが、それらは一般的な傾向を測定するものであり、ある1つの領域に特化したモチベーションを測定する上では不十分だと考えました。そこで本研究では、我々の目的である学習者のモチベーションをより正確に測定できるよう、学習領域における制御焦点尺度を作成しました。

 

相川研外山班の研究発表は前回に引き続き2度目でしたが、前回以上に多くの研究者の方にお越しいただき、様々な分野の観点を踏まえた有意義な議論を進めることができました。制御適合の研究は一部の分野だけではなく、心理学全体から関心を持たれている領域であることを実感しました。本研究において作成した尺度は一定の信頼性と妥当性が確認されており、実用性が高いものであると言えます。今後はこの尺度を積極的に活用し、有用な結果を示せればと考えております。

 

来年の日本心理学会は、横浜で開催される予定です。この学会はICPという国際学会と同時開催され、国外からも多くの研究者が参加します。貴重な機会ですので、来年度の日本心理学会においても我々の研究成果をより多くの方々に示し、活動内容を広く認知してもらえればと考えております。

 

学業領域における制御焦点尺度の作成

(外山 美樹・三和 秀平・湯 立・長峯 聖人・相川 充)

 

(CRET連携研究員 長峯 聖人)


長峯 聖人 -Masato Nagamine-

CRET連携研究員 筑波大学人間総合科学研究科博士前期課程

趣味:散歩(天気が良い日)、ボードゲーム(主にドイツ製)

研究テーマ:対人関係、感情的動機づけ

研究発表論文

2017-07-31

教育テスト研究センター年報 第2号 2017年7月

相川 充

赤堀 侃司

加藤 由樹

加藤 尚吾

竹内 俊彦

舘 秀典

稲垣(藤井) 勉

澤海 崇文

北澤 武

若山 昇

宇宿 公紀

安西 弥生

外山 美樹

小林 輝美

湯 立

長峯 聖人

三和 秀平

酒井 智弘

林 楚悠然

黒住 嶺

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら