CRETの研究会シンポジウム Event

CRETから、最新の教育・テストに関する研究会・シンポジウム情報をお届けします。

平成29年度文部科学省「新時代の教育のための国際協働プログラム」事業関連シンポジウム
これからの国際社会で活躍するためのグローバル力とは何か
〜日本・アメリカ・カナダのグローバル教育の比較を踏まえて

終了
2017年12月17日、福島大学、東京大学主催(協力OECD日本イノベーション教育ネットワーク、NPO法人 教育テスト研究センター)、文部科学省「新時代の教育のための国際協働プログラム」事業関連シンポジウムが、東京大学ダイワハウス石橋信夫記念ホールで開催された。本事業は、2011年の東日本大震災の復興に尽力する人材を育成するという国際プロジェクトである。特定の優秀な高校生だけではなく、普通の高校生たちがいかにすれば地域の復興に寄与する力を獲得できるのかを主要な研究テーマとしている。本シンポジウムでは、グローバルコンピテンシー獲得に関する研究や実践事例、アメリカ・カナダのグローバルコンピテンシーの教育に関する研修の報告、さらに今後のグローバル教育に関する意見交換が行われた。
 

■日時:平成29年12月17日(日)13:30~16:30
■会場:東京大学大学院情報学環ダイワハウス石橋信夫記念ホール3階
■主催:福島大学、東京大学
■協力:OECD日本イノベーション教育ネットワーク、NPO法人 教育テスト研究センター

 
シンポジウム講演まとめ
 
開会あいさつ
福島大学 教授 三浦浩喜

福島大学 教授 三浦浩喜

 
第1部 基調講演
第2部 事例報告(後日掲載予定)
第3部 ラウンドテーブル(後日掲載予定)
 
【第1部 基調講演】
「これからの国際社会で活躍するためのグローバルな力とは何か ~米国マサチューセッツ州の事例から学ぶ」
◎登壇者
 ハーバード教育大学院 教授 フェルナンド・レイマーズ
◎コメンテータ
 東京大学 教授 秋田喜代美
 

ハーバード教育大学院 教授 フェルナンド・レイマーズ

 第1部の基調講演では、アメリカ・ハーバード教育大学院のフェルナンド・レイマーズ教授が登壇し、自身の研究、及び自身が開発したワールドコース(世界科)のカリキュラムについて発表した。

 まず、地球の衛星画像をスライドに映し、「すべての人は地球という一つの惑星に生きる共存体であり、地球市民教育は世界のどの国にとっても必要である」という考えを示した。続いて、2000年前の古代ローマ時代にコスモポリタニズムが生まれてから、1948年の世界人権宣言に至るまでの、教育とコスモポリタニズムの歴史を紐解き、地球市民教育の重要性を示唆した。

 その上で、現代の教育が、科学技術の発達により急激に変化する社会に対応し切れていないと指摘。世界が必要とする教育に関する研究成果の1つとして「ワールドコース(世界科)」(※レイマーズ教授の著作参照)開発の経緯を語った。本コースは、グローバルとローカルをつなげ、アントレプレナーとしての能力育成を「文化間のコンピテンシー」「倫理的な方向づけ」「知識とスキル」「学習と心の習慣」の4分野に設定し、これらのアウトカムを明確にした上で、プロジェクトベースで設計した。「児童・生徒・学生を子ども扱いしないことが大切だ。プロジェクトの内容も、年齢相応であると同時に、簡単には答えの出ない問いとし、かつ身の周りのものから概念的なものへとつながるようにした」と説明した。

 2016年夏に本コースを発表後、週6~8時間かかるプログラムであるため、各校のカリキュラムに組み入れるのが難しいこと、多くの学校で地球市民教育が重要視されていなかったこと、カリキュラムのコンテンツを教える教員の指導力が十分でないといった問題点が見えてきた。そこで、レイマーズ教授らは簡易版のカリキュラムを作成。世界各国を訪れ、普及に努めている。その運用のポイントには次の3つを挙げた。1つめは、国連が提唱している「持続可能な開発目標(SDGs)」をよく理解し、自校で育成したいコンピテンシーに結びつけること、2つめは、学校全体で地球市民教育の理解を深めること、3つめは、このカリキュラムはあくまでも一例であり、自校の教育に応じてアレンジすることだ。

 「すべてのカリキュラムを行う必要はなく、取り入れられるところから始めて、完璧ではなくても、その成果を振り返って、次の改善に結びつけることが重要だ。そして、各校がネットワークを結び、それらの実践を共有すれば、いくつもの実践を積んだのと同じこととなる」と述べた。そして、「生徒が問題解決力を身につけるための教育には、教科を超えて教員が協働する必要がある。21世紀型の学校を目指し、変革していく方法として、地球市民教育は最適だろう」と締めくくった。
 

東京大学 教授 秋田喜代美

 続いて、東京大学大学院の秋田喜代美教授から、講演の内容について、新学習指導要領でも重視されている地球市民教育に、全教科で取り組む重要性を改めて認識する機会になったと述べ、レイマーズ教授に「日本ではグローバルシチズンシップというと若者の政治参画という意味が強いが、国の壁を超えて、今の世界の問題に向かう必要性を明確に示してくれた」と謝辞を贈った。

 さらに、秋田教授は、「各国の学校では、教授が開発したカリキュラムをどのように自分たちの教育に取り入れているのか」と質問。それに対して、レイマーズ教授は「このカリキュラムはあくまでも方法論であり、自分たちの国の教育に適した形に変えている」と答え、大勢の教員によるワークショップでカリキュラムを作成したコロンビアやイタリアの例や、オリジナル版と改訂版の2種類のカリキュラムを作成した中国の例を示した。「出来ることから取り入れ、徐々に難しいことにチャレンジすれば成功の確率は高い。グローバルな課題とローカルなチャレンジをつなげていくことが大切だ」という考えを示した。
 
 

研究会シンポジウム

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら