CRETの学会レポート Colomn

CRETから、最新の教育・テストに関する学会レポートをお届けします。

BEATセミナー「2015年の学習環境を考える」参加レポート

  東京大学情報学環ベネッセ先端教育技術学講座(略称BEAT)開催のセミナー「2015年の学習環境を考える」に参加しました。


  セミナー前半では、田村大氏(博報堂イノベーション・ラボ上席研究員)が未来予測の方法論と注目しているメディアについて、豊田義博氏(リクルート ワークス研究所主任研究員)が「『転職35歳限界説』は瓦解する」等、2015年の労働市場予測について講演されました。後半では、参加者の質問に講演者の2名とBEATの山内祐平先生 が答える形で、労働環境の変化に対応するためにこれからどのような能力が必要となるか等について議論されました。講演・議論の内容はBEATのWebページに詳細に紹介されています。

  Webページにも記載されていますが、ハイパフォーマーの属性やキャリア教育の成否に関する要因についてそれぞれの指摘の中で、共通して「コミュニケーション」が取り上げられていることが印象的でした。また、「これから大事になってくることは、いかに変わり続けられるか」という発言も示唆に富んでいると思いました。

  議論の内容とは直接関係ありませんが、質問を集める際に参加者4~5人のグループで議論してまとめたのが新鮮でした。慣れないとやや戸惑うところですが、様々な立場の他の参加者と議論する機会が得られて有意義に時間を過ごすことができました(BEATセミナーではいつも行っているそうです)。

(CRET研究員 中島 功滋)

その他研究員 -Other Researcher-

学会レポート

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら