CRETの研究者 Staff

教育テストの問題開発研究所属研究員

相川 充

相川 充 -Atsushi Aikawa-

筑波大学 人間系 教授 博士(心理学)

宮崎大学助教授、東京学芸大学教授を経て現職。日本教育心理学会理事、日本社会心理学会常任理事および同学会発行「社会心理学研究」編集委員。

◆著書:『新版 人づきあいの技術:ソーシャルスキルの心理学』(サイエンス社2009年)、『展望 現代の社会心理学2 コミュニケーションと対人関係』(誠信書房 2010年)、『イラスト版 子どものソーシャルスキル:友だち関係に勇気と自信がつく42のメソッド実践』(合同出版 2011年)、『人間関係を支える心理学:心の理解と援助』(北大路書房2013年)など。

最新論文

2017/07/31

教育テスト研究センター年報 第2号 2017年7月

2016年度の研究成果をまとめた「CRET年報 第2号」を刊行いたしました。   一括ダウンロード 教育テスト研究センター年報 第2号(10,388KB)   個別ダウンロード 表紙 (65KB) /目次 (281KB)   タブレット端末を用いた小テストの出題方法と解答方略の分析―文脈を意識した小テストに着目して―  北澤 武  PDF(635KB)   アクティブ・ラーニングに関する意識調査と分...

>> 詳細はこちら

2016/09/30

教育テスト研究センター年報 第1号 2016年9月

2015年度の研究成果をまとめた「CRET年報 第1号」を刊行いたしました。   一括ダウンロード 教育テスト研究センター年報 第1号(4,878KB)   個別ダウンロード 表紙 (70KB) /目次 (93KB) /はじめに (83KB)   動画撮影の角度の違いは学習効果に差をもたらすか  赤堀 侃司  PDF(669KB)   対面とチャットによる議論の差に関する学習効果について  赤堀 侃司  ...

>> 詳細はこちら

コラム

2012/12/19

恥ずかしがりの程度を測る

CRET理事 相川 充    異性と話したり大勢の人の前で発表したりするとき、とても恥ずかしがる人とそうでもない人がいます。何が違うのでしょうか。    それぞれの人の特徴をはっきりさせるためには、人それぞれの恥ずかしがりの程度を測る必要がある。私はそう思って、「私は内気である」とか「私は引っ込み思案である」というような文章を16個用意して、回答者に各文章がどの程度、自分にあてはまる...

>> 詳細はこちら

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら