CRETのコラム/レポート Activities

CRETから、最新の教育・テストに関する世界の動向などをお届けします。

日本の子供たちの読解力について

赤堀 侃司

特定非営利活動法人教育テスト研究センター 理事

 

 

 新井紀子さんの名著「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」は、世の教育関係者、だけでなく親も企業人も含めた多くの人々の関心を集め、ベストセラーになった。自分もその読者の一人であるが、極めて説得力がある。その理由は、新井氏が、卓越したAI研究者であることと膨大なデータを元に論を進めているからであろう。日本の15歳、高校1年生のPISA2018における読解力の成績が15位と下降したことも、その裏付けにもなって、読解力低下は世間の常識のようにも思える。ただ、奇妙な事実がある。

 

 PISA2018の読解力の問題内容、と言っても、公表されている問題だけであるが、その問題内容を読むと、極めて易しい内容なのである。例えば、あるブログを読んで、次の文章は、事実ですか意見ですか、という設問が例示されているが、これに正解できないとはとても信じられないほど易しく、当たり前のような問題なのである。たぶん、小学生でも正答できるだろう。したがって、これは読解力ではなく、情報活用能力の欠如と言う方が妥当である、と言う説は、教育関係者の中でも同意する人も多い。

 

 その根拠は、PISA2018におけるICT活用調査において、日本の子供たちは、スマホを使ったSNSやゲームなどの遊びの道具としてはよく使っているが、パソコンを使ったレポート作成や課題研究などの学習の道具としては、OECD平均より一桁低いという驚くべきデータを示しているからである。スマホからパソコンへ、遊びから学びへ、の変換が、日本のICT利用教育や情報教育に求められている。

 

 さらに、私は、本当に読解力は低いのだろうか、という疑問を持っていた。ここ3年間をかけて、大学生を対象に調査を実施した。その調査は単純な方法で、全国学力学習状況調査B問題や高等学校入学試験問題のように、データが公表されている問題を、大学生に課して、小中学生と比較する方法である。この方法では、同じ問題であるから、結果は一目瞭然であり、そのデータも妥当性があるであろう。ただし、比較は、単純比較ではなく、回帰直線を基準として行う必要はあるが、結果は分かりやすい。その結果、国語の正答率は、ほとんどの問題が回帰直線より上位にあり、理科や社会は、ほとんどが回帰直線より下位にあり、それは統計的な有意差がある、という知見を得た。つまり、大学生の国語、読解力の代用としても、その能力は、中学校よりかなり上達しており、理科社会は、中学校よりほぼ同じか低いレベル、数学はその間の結果であった。実験協力者数が60名程度の小規模であることは残念だが、統計的な有意差があることは、根拠としては十分で、学術的にはおかしくない。

 

 追求すべきは、その理由は何か、どう対応すればいいか、である。傍証的な研究はあるが、例えば、国語、数学、理科の学力学習状況調査の因子分析を行った結果、国語の因子は、理科にもかなり寄与があった、つまり、国語は、数学にも理科にも、たぶん社会にもどの教科にも必要な能力、汎用的な能力と言えるだろう。これに対し、理科や社会は、自然や社会における現象を解明し、理由を探究し、広くは問題解決を目指す、と考えれば、汎用的な能力の他に、固有の知識と問題解決に必要な能力が求められるだろう。数学は、それ自身が閉じた世界なので、理科社会とは異なる。この違いについては、松原などが、Thematic(教科に固有な概念や個別スキル)、Interdisciplinary(教科等を横断する概念や汎用的スキル)、Transdisciplinary(実世界での課題を解決する能力)と分類しているので、興味深く参考になる。PISAや学力学習状況調査B問題、新学習指導要領が目指す方向は、Transdisciplinaryであろう。この立場で考えると、先の大学生の学力比較の結果は、納得できる。

赤堀 侃司 -Kanji Akahori-

ICT CONNECT 21(みらいの学び共創会議)会長/東京工業大学名誉教授

静岡県高等学校教員、東京学芸大学講師・助教授、東京工業大学助教授・教授、白鴎大学教育学部長・教授を経て、現在に至る。この間、放送大学、国連大学高等研究所などの客員教授の兼務。

◆著書:『教育工学への招待』(ジャストシステム 2002年)、『授業の基礎としてのインストラクショナルデザイン』(日本視聴覚教育協会 2004年)、『授業デザインの方法と実際』(高陵社書店 2009年)、『コミュニケーション力が育つ情報モラルの授業』(ジャストシステム、2010年)、『タブレットは、紙に勝てるのか』(ジャムハウス 2014年)など。

コラム/レポート

Reasearch label
2017-10-25

AI時代の教育

新井 健一

Reasearch label
2016-04-07

CRET/BERDシンポジウム2016

新井 健一

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。







>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。







>> 研究室の
詳細はこちら